体重管理も忘れずに

社会人になると、自らの健康管理に気を付けなければならない。
例えば、健康問題の一つとして肥満が社会的な問題となりつつあり、仕事ができる社会人は自らの体重管理にも日々気を配っている。
しかし、仕事が忙しかったり、付き合いや接待があるとの理由から、自己管理を怠る人も少なくない。
若い頃はそれで良くても、だんだんと年を取ると体重のコントロールが難しくなり、生活習慣病になってしまう危険性をはらんでいる。

体重のコントロールは、介護の仕事に携わる人にとっても重要なものである。
肥満は体の動きに制約をもたらし、あまりに体重が増えると仕事にも支障を及ぼしかねない。
介護の仕事では要介護者の身の回りの世話を行うため、よく体を使う。
介護業務中に必要な動きに対して肥満が原因の制約があると、本来行わなければならない介護業務を十分にこなせなくなってしまうだろう。

介護の仕事では体を動かして体力を消耗するため、この仕事を続けているとあまり肥満とは縁がないと考える人もいる。
しかし、仕事で消費するカロリーに対して、普段の食事で摂取するカロリーや脂質の量が多くなると、肥満に陥る可能性が十分考えられる。
介護の仕事はストレスを抱えることも多く、その発散方法として暴飲暴食に走ってしまう人もいるのだ。
肥満を解消するためには、食事で摂取しているカロリー量を管理する必要があり、介護職員であれば一般よりも多少多い程度のカロリーが適している。
また、休日には運動を行う習慣を取り入れるなど、体を動かすよう心掛けると体重管理がうまくいくだろう。
体格に合わせた標準的な体重が維持できていると、体が軽く感じられるだけでなく病気にも掛かりにくくなるメリットが得られる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です